何が違う?ワードプレス「投稿・固定ページ」の効果的な使い分けと書き方

ワードプレスの投稿・固定ページ

こんにちは!やさしいワードプレス集客の田中です。

「固定ページと投稿ページがあるけど使い分けってどうするの?」
「そもそもワードプレス の投稿って何を書いたらいいの??」
「もう一つの固定ページの役割って何??」

とお悩みの方も多いのかもしれませんね。そこで、この記事では「ワードプレスの投稿・固定ページの書き方と内容」をお届けします!

ワードプレスをはじめたばかりの初心者の方へ、「投稿・固定ページ」の具体的な使い方を少しでもマスターして頂けると幸いです。

「投稿ページ」と「固定ページ」の違いって何?

「投稿・固定ページ」の2種類あるけど…どうやって使い分けるのー??

とお考えの方は多いのかもしれませんね。私がワードプレスをはじめた当初はどちらも同じにしか見えませんでした(本気です笑)

このステップでは「投稿・固定ページ」のそれぞれの違いと、具体的な使い分け方法をお伝えしていきます!

「投稿ページ」には何を書く?

投稿ページは通称ブログになります。

例えば、
お客様のお悩み解決記事
自分の経験や失敗談
時事ネタ
お客様の声
オススメ本、場所、お店 など…

といった内容の配信になります。

では、投稿ページにはどんなメリット・デメリットがあるのか?詳しく書いていきます。

メリット

SEOを考えた「投稿ページ」を積み重ねることで、 サイトに厚みを持たせることができます。過去に書いた投稿ページからもアクセスが集まるため、アクセスを安定させることが可能です!

他にも、アイキャッチという画像などを設定しておけば、常にその画像がトップページやサイドバーを彩ってくれるので、「とてもキレイ!」「とてもオシャレ!」といった印象を相手に与えてくれます。

カテゴリーやタグで記事を分けることもできるので、読み手に対して探している内容をいち早く届けることもできます。

デメリット

作成日がでてくるので、投稿を続けないとワードプレスが「動いていない」印象を読み手に与えます。そのため、頻繁には必要ないですが、「投稿を続ける」という作業が必要になります。

他にもページ数が増えてくると、以前どんな記事を書いたのか忘れがちになるため重複記事も増えてきます。そのため、どんな記事を書いたのか把握しておくこと、アクセスがない記事は思い切って消すなどの「スクリーニング作業」も必要です!

「投稿ページ」の具体的な書き方に関しては、下記を参考にされてください。

「固定ページ」には何を書く?

では、「固定ページ」には一体、何を書いたらいいのか?

例えば、
プロフィール
提供サービス(メニュー)
コンセプト
はじめての方へ
お問い合わせ
お客様の声
アクセス
個人情報保護、特定商取引
投稿ページをまとめたもの など…

といった内容になります。「固定ページ」は字を読んでわかるように「固定するページ」になので、設置するとあまり動かさないようなページです!

「固定ページ」はプロフィールや提供サービス(メニューページ)といった、常にアクセスが集まるページも多いです。そのため、しっかりと戦略的に書くことが重要になります。

では、具体的に何を書いたらいいのーー?

と言う方も多いのかもしれませんね。下記に少し書いたので、参考にされてください。

まとめ

「何が違う?ワードプレス『投稿・固定ページ』の効果的な使い分けと書き方!」はいかがでしたか??

少しサラッと書きましたが、それぞれに「投稿・固定ページ」それぞれに役割があります。

その役割だけでも把握しておくと、ワードプレスを効果的に、そして戦略的に活用することができるかもしれませんよ。

この記事が、ワードプレス“超”初心者の方へ何か一歩前に踏み出す記事になれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座