後悔しないブログのリライト注意点!SEOにも効果的な方法とコツとは?

こんにちは!週1ブログで「やさしいワードプレス集客」の田中です。

あなたはブログ記事をリライトするにあたり、こんなお悩みはありませんか?

「ブログのリライトってSEOに効果ありますか?」
「そもそもリライトって、どうやればいいのでしょうか?」
「リライトするメリットやデメリットは何でしょうか?」

実はクライアントさんからも、このようなご相談をいただくことが多いです。

そこで、この記事では「ブログのリライトの注意点」や「SEOにも効果的なコツ」をご紹介していきます。

ブログをリライトすることで、SEOに効果的でなく質の高いブログ配信ができるので集客効果は高くなるメリットがあります!

ぜひ、何か参考にしていただければ幸いです。

なぜ、ブログをリライトするの?

そもそも「ブログをリライトする目的」ですが、問題点を把握して改善する手段の一つです!

例えば、
・検索からのアクセスがまったくない→タイトルをリライト
・検索順位が上がらない→コンテンツをリライト
・滞在時間が短い→読みやすくリライト

という感じで、問題点に合わせてリライトすることで集客効果はもちろん、質の高いブログ記事を配信することが可能になります。

「そもそも、どこが問題点なのか?」把握しながらリライトしていくと、効果的に改善することができますよ。

ただ、読みにくいからリライト!最新情報を知ったからリライト!といった「読み手にフォーカスしたリライト」は、 SEOやアクセスに関係なく私はやったほうがいいと考えています。

なぜ、「読み手にフォーカスしたリライト」はしたほうがいいのか??

常に最新の情報や読みやすさにフォーカスしている方は、ブログから「人柄」が伝わることが多いからです。最後は「人対人」ですからね。

もちろん、月日の経過と共に増えたブログ記事を“すべて”をリライトするのは難しいですよね?

なので、「代表的なブログからやる!気づいたらやる!」といった“省エネ”でリライトされてくださいね。

リライトによるSEO効果とは?

「リライトすればSEOに効果があるのですか?」

とよくご質問をいただきます。結論から言えば、「検索順位が上がることもあれば下がることもある!」ということです。

ただ私の経験上、検索の意図に沿って“正しいステップ”で書くと上がる確率のほうが高いです!

しかし、先ほどもお伝えしましたが、SEOやアクセスに関係なく「読み手が喜ぶことは先に書いておく、やっておく!」マインドセットをおすすめします。

実際の経験談ですが、「コレ余計なことかもしれないけど、この記事を読んでいる方は知っておいたほうが…」とリライトした記事がありました。

すぐにSEOの効果は出ませんでしたが、数ヶ月後に検索順位がいきなり上位に来たことも!!

ぜひ、読み手が喜ぶことに関してはSEOに関係なくやってみてくださいね。

失敗しない実践的なリライト方法

最新情報

時代の変化とともに、新しい情報が「増える・変わる」ケースもあります!

なので、その都度「最新情報」はリライトして追記していくことも大事です。

「古いままのブログ記事」と「常に新しい情報を更新している記事」、あなたがGoogleならどちらの検索順位をあげますか?

もちろん、考え方は人それぞれですが、

常に新しい情報を提供している=お客様の想いのサイト

と考えておくといいのかもしれませんね。

最新の日付アピール

リライトした際に、記事の日付を新しくしておくことも一つの方法です。なぜ、日付を新しくするのか?

読み手の方が日付を見た際に、「古い情報だな〜」と感じてしまうこともあるからです!

なので、その対策をしておくことも効果的ですよ。

ただ中には、「日付だけ変えておけば…」と考える方もいるのかもしれませんね。

そんな小手先だけでやってもGoogleはもちろん、すでに読み手側に伝わるので注意されてくださいね。

経験談を追記

お客様にサービスを提供していくことで、当たり前ですが「新しい経験」が増えていきます。

その新しい経験をリライトして追記することは、読み手にも喜ばれることが多いです。

なぜ、新しい経験談は喜ばれるのか??

経験談のほうが、自分のことに置き換えやすくわかりやすいからです!

なので、「例え話」を用いながら経験談を追記することも効果的ですよ。

記事の読みやすさ

直帰率やサイトの滞在時間が短いという場合は、記事が「読みにくい」ということも多いです。

そういった場合は、「読みやすくするためのリライト」をされることがオススメです。

「読みやすさ」は直帰率たサイトの滞在時間だけでなく、定期的に第3者から客観的なフィードバックをもらうこともオススメですよ。

なるべくお客様からフィードバックをもらうほうがいいのですが、なかなか本音って言ってくれないケースも多いので、身近で本音を言ってくれる方にお願いしてみてくださいね。

リライトのタイミングっていつ?

「以前に書いたブログは、どんなタイミングで書き直せばいいですか??」

こちらはよくクライアントさんからのご質問でいただきます。では実際に、いつのタイミングで書き直すといいのか?

先ほども少しお伝えしましたが、「空いた時間や気づいた時にリライト」です!

ただ、そうは言ってもある程度の基準があるといいですよね。私の場合で申し訳ありませんが以下のような時にリライトを考えてます。

・Googleコアアップデートで検索順位が大幅に変動した時
・アウトプットして効果が出た時
・お客様から新たに出た悩みを聞いた時
・何か読みにくいな…と感じた時
・アクセス数が上がってこない時
・離脱率や滞在時間が低い場合  など…

もし、何か参考になれば幸いです。

リライト後にすることは?

「リライト後には何をすればいいですかーーー?」

ここまで読んで、そう考えている方もいるのかもしれませんね。

基本は何もしなくて大丈夫です!

ただ、リライト後の検索順位など「ビフォー&アフター」の効果はたまにチェックしておくといいですよ。

大幅に検索順位が下がっている場合は、「検索キーワード」に対して、読み手が欲しい情報と少しズレている可能性があるので注意されてくださいね。

まとめ

「ブログのリライトに注意!SEOに効果的な方法とコツとは?」はいかがでしたか??

SEOに効果があるからとブログをリライトすることは大事です!ただ、

・読みやすくしよう
・最新の情報を届けてあげよう

といったマインドでリライトしていくことも大事なのかもしれませんね。

そういった細かい配慮は読み手に意外と届くものです!

ぜひ、ブログのリライト方法で悩んでいる方がいれば、こちらの記事が何か一歩前にすすむキッカケになれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座