パーソナルブランディングとは?個人(自分)のブランドを作り出す【5つの要素】

こんにちは!やさしいワードプレスの田中です。

あなたはブランディングで、このようなお悩みはありませんか??

「パーソナルブランディングってどうやればいいの…」
「個人起業家でも、ブランディングって効果的なの…」
「いろいろなブランディング方法があるけど、何を選べばいいのか…」

この記事では、セラピスト、サロン、コンサル、スピリチュル系の個人起業家向けに「パーソナルブランディングに大切な5つの要素」を公開しております。

パーソナルブランディングとセルフブランディングを合わせることで、集客効果だけでなく仕事をする上での充実感にもつながります!

なので、ぜひ参考にされてくださいね。

パーソナルブランディングとは?

パーソナルブランディングとは、それぞれ考えや定義に違いがありますが、私の場合「お客様が頭の中で浮かぶ、あなた“個人”のブランド」と定義しています。

例えば、
・◯◯のことをやさしく教えてくれならあの人!
・◯◯のことをズバッと言ってくれるからあの人!
・私と同じような経験があるから、あの人なら理解してくれそう!
・あの人に考え方に共感する!

といった、お客様の頭の中ですぐに個人の人柄・人間性をイメージさせることが、パーソナルブランディング です。

では、セルフブランディングと一体何が違うのか?次のスッテップでご紹介させていただきます。

「パーソナルブランディング」と「セルフブランディング」の違いとは?

パーソナルブランディングとセルフブランディングの違いですが、セルフブランディングは提供するサービスやコンセプトにスポットライトを当て、パーソナルブランディングは個人(人間性・共感生・価値)にスポットをあてると私は定義しています。

「セルフブランディング 」と「パーソナルブランディング 」はどちらも大事な要素があるので、

セルフブランディング +パーソナルブランディング =独自ブランド

という考えです。

2つを合わせることで、独自ブランドが確立されるので集客効果だけでなく、仕事のやりがいにもつながってきます。

セルフブランディングに関しては、こちらに詳しく書いたので参考にされてください。

パーソナルブランディングのメリット・デメリット

「個人や自分でするパーソナルブランディングのメッリットとデメリットって何??」と考えている方も多いのかもしれませんね。

こちらのステップではパーソナルブランディングのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

・あなたの価値に合う人だけを引き寄せる
・流行やトレンドに流されずコアなファン化が増える
・提供サービスはもちろん自分にも自信が持てる
・提供サービスで選ばれやすくなる
・高単価でも売れる

デメリット

・アンチが増える
・お客様のことをベースに考えないと「痛い・ウザい」と見える
・一度イメージされると、そのイメージを壊すことが難しい

パーソナルブランディングに欠かせない5つの要素

こちらでは、パーソナルブランディングに必要な5つの手法をご紹介していきます。

どれも大事なことなので、ぜひ参考にされてくださいね!

1ビジョンの共有

まずはポジションでの「ビジョン」です。

ビジョンとは「あなたが提供するサービスで、5年後10年後にどんな世界にしていきたいのか?」です!

例えば、「5年後、年収を1億にします!」と自分のことを言われても、なかなか共感されにくいです。(この場合は、ビジョンではなく目標ですね)

なので、個人であっても「5年後、こんな世界にしていきたい!」というビジョンをSNSやブログでも配信することで、ブレない軸ができるので、そのビジョンに共感するお客様が集まってきます。

さらに、自分の軸がブレないだけでなく、一貫性がうまれるので「ブランド化」されやすくなりますよ。

ただ、ビジョンというとハードルが高く感じる方もいるのかもしれませんので、最初は「想い」を配信することも効果的ですよ。

ぜひ、ビジョンや想いを一度考えてみてくださいね。

2大切にしている価値観

自分が大切にしている「価値観」を、ブログやSNSで配信していくことも大事です。

例えば、
・仕事よりも家族が一番
・何よりも仲間が大事
・何よりもお金が好き
・好き嫌いをハッキリ伝える など…

自分の価値観をブログやSNSで配信することで、似たような価値観のお客様が集まってきます!

似たような価値観であれば、お互い理解しやすくなり、サービスを提供する際のストレスも少なくなりますよ。

ただここで大事なポイントですが、“素直”に配信することです!

例えば、配信の際に「これを言うと嫌われるんじゃないか…」と変に気を使いすぎてしまうと、価値観が違う方まで集まってくるので、後々大変になることも…(苦笑)ぜひ参考までに。

3共感力

パーソナルブランディングを考える上で大切なのが「共感力」です。

例えば、「悩んでいる時の気持ち」「困っている時の状況」を汲んだ配信することです!

当たり前といえば当たり前なのですが、「共感」をいれる配信を続けることで、徐々に安心感や信頼感に変わり、「この人なら!」と申し込みや予約にもつながりやすくなりますよ。

4ストーリー

ストーリーを話すことも、パーソナルブランディングには効果的です。

では一体、ストーリーとは何か?

例えば、
・過去の経験をそのまま
・失敗談
・悩んでいる状態から乗り越えた話
・成功までの道のり など…

ストーリーをブログやSNSでも配信することです。

ストーリーは読みやすく、あなたの印象を頭の中に残す効果があります!

ブランディングで大切なことは、お客様が悩んだ際に「お客様の頭の中で、あなたやあなたのサービスをイメージ思い浮かばせること」です。

なので、ストーリーで印象を残しておくことで、お客様が同じ状況で悩んだ時に、あなたのことを真っ先に思い出してくれますよ。

5継続

最後は「継続」です。

個人のブランディングは、講座を受けてできるものでも、1日2日でできるものではありません。

ブランディングは、少しつづ少しづつお客様の悩みに寄り添ったブログやSNS配信を積み重ねる。「継続性」が何よりも大事です!

継続することで、徐々に信頼や個人のブランドに変わり申し込みや予約につながるようになってきますよ。

これでもか、これでもかと頑張って、一歩踏み込んで、それでも粘ってもう一頑張りして、もう駄目だと思ってもズカッと踏み込んで、そうしていると突き抜けるんだ。【引用元:黒澤明】

まとめ

「個人起業家のパーソナルブランディングとは?やり方と5つの手法」はいかがだったでしょうか??

パーソナルブランディングの5つの手法を押さえることで、あなたのサービスだけでなく“あなた個人”もブランド化されます。

あなた個人がブランド化されれば、ガツガツとワードプレスやSNSを更新しなくても、集客効果を高めてくれます!

さらに個人のブランド化は、マズローの「自己承認欲求」や「自己実現」を満たしてくれるので、人生において充実感を与えてくれるかもしれませんよ。

この記事が、パーソナルブランディングを成功させる何かのきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座