まだブログ集客するな!売れるコンセプトの作り方

こんにちは!やさしいワードプレスの田中です。

あなたは「集客はコンセプトで決まる!」という言葉を、一度は聞いたことがあるのかもしれませんね。しかし…

「コンセプトが大切って聞くけど、どうやって作るの?」
「コンセプトで大切なポイントはどこ??」
「そもそもコンセプトって何?」

という方も実は多いです。この記事ではそういったお悩みの方へ、集客ブログに欠かせない「売れるコンセプトの作り方」をお届けします。

この記事が一歩前に進むキッカケや、何かの参考にして頂けると嬉しいです。

そもそもコンセプトって何!?

そもそも「コンセプトって何?」という方も多いのかもしれませんね。

コンセプトとは…企画・広告などで、全体を貫く基本的な観点・考え方。

はじめて見た方が“一瞬”でイメージでき
興味を惹きつけられるかです!

コンセプトに大切なのはこの5つの要素です。

1「誰に?」
2「どんな方法で?」
3「どんなベネフィットがあり?」
4「独自の強み(ウリ)は何か?」
5「なぜ、あなたができるのか(理由)?」

キャッチコピーなどもコンセプトの一つに含まれます。では具体的にどうやってコンセプトを作っていくのか具体的に見ていきましょう!

自分視点

「自分視点」でコンセプトを考えます。簡単に言えば、

「誰に?」
「どんなサービスで?」
「どんな価値を提供できるのか?」

です。では何から始めるといいのか?

自分のリソースの洗い出しです!

例えば、経験・スキル・実績・多くの時間を費やしたことなど…

そこで大切なのが自分の“枠”にとらわれず、とりあえず書きだしてみることが大切です。

数を出すことで「提供サービスがさらに魅力的になる!」「ターゲットを変えると、こんな価値を提供できる!」「独自の強み!」といった“ポイント”に気づく方も多いです。

「新たに資格を取るから、それを商品に…」「このスキルがあるから…」と枠を決めずに、まずは自分のリソースすべてを洗い出してみましょう!

お客さま視点

「お客さまが何を必要としているのか?」調査することが大切です。多くの方がこの調査や分析を避けることが多いです。

当然、お客さまが求めているもの、価値を感じるものでなければコンセプトの価値もなくなってしまいます。いいコンセプトは

必ずお客さまに価値を伝えている!

ということです。そのため、「お客さま視点」で考えることは最も重要なことかもしれません。

では、一体どういったことを考えたらいいのか?

お客さまの「ニーズ・ウォンツ」を調査することです。ここでは具体的に2つ方法をご紹介します。

直接、お客さまへの質問・ヒアリング

ブログ集客で悩む多くの起業家は「お客さまは、このサービスを必要としているだろう」と、

“イメージ”で考えてしまいがちです!

実際は「必要としていなかった…」ということも多々あるのです。

◯直接お客さまへ質問する!
◯ターゲットと同業種へヒアリング!

を徹底しましょう。

web検索

webからも調査が可能です。

例えば、

◯Yahoo知恵袋
◯お悩み掲示板
◯Naver  など…

悩んでいる方や必要としている方がいるのか調べます。もちろん、数が多ければそれだけ必要とされていることにつながってきます。その悩みの内容を見ておくと「欲しいサービス」を見つけることができるのかもしれませんね。

 

ライバルチェック

このポイントは見逃しがちです。ブログはライバルも多く、「独自の強み・ウリ」を打ち出すことで、ライバルを減らすことができるのです。

ではどのように「ライバルチェック」をすればいいのか?数多くありますが、ここでは3つお伝えします。

1 ライバルがイヤがってやらないポイントは?
2 ライバルが提供してないサービスは?
3 ライバルと他のターゲットにできないのか?

もちろん、その際は必ず「売れている人をチェックすること!」です。

しかし、ここで注意ポイントが!それは…

「誰もライバルがいない!ラッキー!!!」

これはキケンです。なぜなら、ニーズがないので、ライバルがいない可能性が高いからです。

ニーズのある分野だと必ず多数ライバルが存在します!

なので、ある程度ライバルいる分野で「差別化」することが大切です。

なぜ、あなたができるのか?(理由)

最後のポイントは「理由」です。例えば、

私は◯◯の方へ、こんな価値やベネフィットを提供できます!

と謳っても、「なぜ、あたなができるのか?」明確でなければ、信ぴょう性がありません。理由を明確に伝えることで、

自分を欺くことなく、自信を持って配信できるのです!

まとめ

ブログ集客で欠かせない「売れるコンセプトの作り方」はいかがでしたか?

繰り返しにはなりますが、コンセプトは「自分・お客様・ライバル」の3つの視点から、

1「誰に?」
2「どんな方法で?」
3「どんなベネフィットがあり?」
4「独自の強み(ウリ)は何か?」
5「なぜ、あなたができるのか(理由)?」

5つのことが一瞬でわかるようなコンセプトが大切です。

コンセプトに限らず、すべてのことに「完璧」というものはありません。常に満足せずに、分析・改善をしていくことで自分やお客様の理想に近づいていけるのです!

もし、『コンセプトの作り方』でお悩みの方は何かの参考になると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座