ブログをおしゃれに魅せる!海外のフリー写真「ベスト5」

こんにちは!やさしいワードプレス集客の田中です。

ワードプレスやブログを「オシャレに魅せる最大のポイント」は、何と言っても

写真!
写真!
写真です!

この記事では、オシャレなブログに一歩近づくための「高画質でオシャレな海外のフリー素材の写真ベスト5」をお届けします。この記事で

「あなたのブログ、おしゃれー!!!」
「見ててるだけで楽しくなる!」
「あなたのブログはキレイだから見たくなる!」

そんなこと言われるかわかりませんが(笑)、ユーザーから「魅られるブログ」にして頂けると嬉しいです!

フリー写真の「CC0」って何ですか?

「あっ!?この写真ステキ!!私のブログで使っちゃおうー」とフリー写真の内容を確認せずに写真を使う方もいるのかもしれません。

ちょ、ちょ、ちょっと待ってーーー!

フリー写真でも著作権が存在し、使用の用途や条件、制限等がつけられていることも少なくありません。まずはしっかりと確認することが大切です。その中で「CC0(クリエイティブ・コモンズ)」となっているものが著作権による制限を受けずに使用すること可能になります。

CC0とは…CC0とは、科学者や教育関係者、アーティスト、その他の著作権保護コンテンツの作者・所有者が、著作権による利益を放棄し、作品を完全にパブリック・ドメインに置くことを可能にするものです。 CC0によって、他の人たちは、著作権による制限を受けないで、自由に、作品に機能を追加し、拡張し、再利用することができるようになります。【引用:クリエイト・コモンズ・ジャパン】

フリー写真の使用の用途や著作権については各サイトや写真、利用目的などで詳しく書いているところが多いので必ず確認しましょう!

Pixabay

「Pixabay」は「CC0」の画像や動画を共有するフリー写真のコンテンツで、登録など一切不要です。

日本語での検索も可能で、ダウンロードの際に写真のサイズも指定できるため、かなり重宝しています!

https://pixabay.com

Pexels

「Pexels」は「CC0」で商用利用も可能で、商用利用可能な写真をまとめているサイトになります。

写真を探す際は英語で入力になりますが、簡単な単語で細かくカテゴリー分けされているので(英語がほとんどわからない私でも)探しやすいです。

写真のサイズも「small・medium・large」と選べるため、一定のサイズのオシャレな写真をダウンロードすることができます。

https://www.pexels.com

stocksnap

英語表記ですが、カテゴリー分けされており検索しやすいです。ただ、サイト内を検索すると上位に「CC0ではない写真」も出てくるので注意が必要になります。登録も不要なので、上手く活用できるサイトです。

https://stocksnap.io

gratisography

「CC0」で使えるフリー写真のサイトになります。ユニークなものが多く、マジメ過ぎるブログや堅い文章になった場合に、「gratisography」の写真をいれることで、そのイメージを少し崩すことも可能です。

https://gratisography.com

picjumbo

picjumbo」は商用無料の写真を集めたサイトです。

英語表記ですが細かくカテゴリー分けされているので、自分が欲しい写真が見つかります。クオリティーが高い高画質の写真が多いのはもちろんですが、他のサイトでは手に入らない写真も多いです。

キレイでオシャレにフリー写真を活用する方法!

このステップでは、ブログ初心者の方も多いのかもしれませんので「フリー写真をキレイなまま添付する方法」をご紹介します。

例えば、この2種類を見比べると、どちらが見た目がキレイですか?

上の写真は「小さなサイズから拡大した写真」です。画質が少しボヤけて見えますよね。一方、下の写真は「大きなサイズから縮小した写真」になり、画質はハッキリしています。一目瞭然ですよね?

ワードプレスやアメブロで、キレイでおしゃれなまま写真を使いたい場合は、

大きなサイズから縮小した写真にする!

ことです。フリー写真では、この“ワンポイント”を覚えておいて下さいね。

まとめ

「ブログをおしゃれに魅せる!海外のフリー写真ベスト5」はいかがでしたか?特にワードプレスのブログは「アイキャッチ」など写真を多く使うコンテンツになります。そのため「写真で与える印象が変わる」ことも多いです。

もちろん、言うまでもないありませんが、写真だけでなく中身も大切です。ぜひ、あなたのワードプレスやブログが、この記事で「おしゃれ」になって、ブログを書くことが「楽しく」なってくれると嬉しいです。

最後にお伝えしたいのですが、ここで紹介している海外のフリー写真のサイトの使用条件や制限が、今後は変わることも考えられます。そのため、必ず「CC0なのか?」など使用条件はしっかりと確認されてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座