使いにくい!WordPress「バージョン5.0」の新エディタを戻す方法

こんにちは!「週1ブログ」でやさしいワードプレスの田中です。

先日、WordPressの5.0にバージョンアップをしたのですが・・・・

「ブログ投稿する入力ページがぁぁぁ・・・変わった!!!」

という状況に。新エディタの投稿ページが、ほぼ英語に(苦笑)

英語アレルギーの私にとっては過酷な状況でした!!しかし、希望の光が・・・。

「旧エディッタ(入力画面)」へ戻すことも可能でした!(笑)

そこで、私のように「WordPress5.0」にバージョンアップして、入力画面を見てテンパって我を見失っている方へ、この記事では「新エディタGutenberg(グーテンベルク)をもどす方法」をお伝えしていきます。

新エディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」とは!?

「Gutenberg(グーテンベルク)」とはワードプレスの“新エディタ”のことで、何が変わったのか?カンタンにお伝えすると、ワードプレスで入力する際の「入力画面」が変わったということです。

一つの段落ブロックまたはセクションとして操作でき、今後も様々なレイアウトを追加してく方針とのことです。今のうちから慣れておくこともアリかもしれませんね。

でも・・・もう少し様子を見て、新エディタ(Gutenbergグーテンベルク)にしたい!と考えている方へ次のステップでは「旧エディタ」にもどす方法をお伝えします。

WordPress「バージョン5.0」新エディタから旧エディタにもどす方法!

ここでは新エディタから旧エディタにもどす「2つの方法」をお伝えします。

バージョンアップ完了画面から旧エディタに!

旧エディタにもどす方法として、一番早いのはバージョンアップが完了した際の画面から下の方へスクロールしていくと、「クラシックをキープ」という下記のような画面がでます。

そこから「Classic Editorをインストール」をクリック!

するとプラグインのインストール画面に移動します。そこで下記のように「Classic Editor」が出てくるのでインストール→有効化で設定完了です。

プラグインから「Classic Editor」で検索でも可能!

バージョンアップ画面から移動してしまった方でも大丈夫です。プラグインの新規追加から「Classic Editor」で検索すると下記のようにも出てきます。

ここから「今すぐインストール→有効化」で準備完了です!

まとめ

「書きにくい!ワードプレス5.0の新エディタからもどす方法」はいかがでしたか?

こんな簡単なことをわざわざブログに書かなくも…と思われた方も多いのかもしれませんね。私のようにテンパったという方だけに届けばいいです(笑)

新エディタの使い方に関してはまた後日、ブログでお伝えできればと思います!この記事が「新エディタGutenberg(グーテンベルク)」にまだ慣れないと言う方へ、何かお役に立てると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

  1. 記載ありがとうございました!私も同様にテンパっており、唸りまくっていたので、
    記事にしてくださりとても助かりました!
    ありがとうございます!

    • 三井
    • 2019年 1月 24日

    かなり助かりました!
    検索して調べても、意外と欲しい情報が載ってなかったので、
    ありがたかったです。
    しかも簡単だったのでなお嬉しいです。
    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座