WordPressブログ集客できない原因と対策!

誰に向けてのWordPressかわからない!

パッと記事を開いた時に「誰に向けてのWordPress」で、
「どんなベネフィット」があるのかわからないのです。

 

どんな悩みを抱えている方へ向けてなのか
明確にすることが大切になります。

 

そこで大切になるのがキャッチコピー!

 

その名の通りキャッチコピーとは、
読者の心を“キャッチ”できるコピーが大切になってきます。

 

その際の注意ポイントですが、
自分目線の「自己満足」でつけないことです。

 

特にカウンセラー・セラピスト・コーチなど、
目に見えないサービスの方は特に注意が必要になります。

 

◯英語表記
◯あなたらしく(抽象的表記)
◯まだ認知が低いのに屋号だけ

 

あくまでも読んで欲しい方に対して、
“具体的”にわかる内容をつけるようにしましょう。

お客様が解決する情報が載っていない!

あなたはページを開いた時に
自分の解決する内容が
載っていない
という場合もあります。

 

いきなり開いて申し込みということは、なかなかありません。

 

どんな内容が載っていて、
お金を払う“価値”があるのか
常にお客様は迷っているのです。

 

そこに解決したい内容の
WordPress記事が数個存在すれば目が止まるのです。

 

いくらSEO対策していても内容や、
記事をしっかり書いていないと読まれないのです。

 

そのためには
あなたがターゲット(理想のお客様)が

欲しい内容をいくつも配信することが大切になるのです。

検索キーワードに「訴求力」がない!

検索されたキーワードに
「訴求力がない」という場合もあります。

 

簡単にいうと、
「今すぐ欲しくて検索するキーワード」
検索されることが大切になります。

 

例えば、
歯が痛い場合、
「歯医者+地名」などで
検索される方は多いと思います。

 

それで上位表示されていれば、
来院する確率はかなり高くなります!

 

あなたのターゲットが
「どんな悩み」を抱えていて
それが今すぐ欲しい(解決したい)のか
その視点でキーワードを選ぶようにしましょう!

まとめ

まずは誰に向けてのWordPressなのか
ハッキリと表示することが大切になります。

 

その際に自己満足の英語表記等にせず、
読んで欲しい方へ具体的にわかる表示にすることです。

 

その読者がサイトに訪れた時に
「解決する内容」が複数用意されていることも
重要になります。

 

書いてある内容=あなたのサービスの質

 

というイメージを与えるので、
出し惜しみせずに解決記事をしっかりと用意しましょう!

 

最後はやはり「訴求力」になります。

 

いくらいい記事であっても、
それ以前のキーワード検索で訴求力がなければ
なかなか「お問い合わせ」や「お申し込み」にはつながりません。

 

ぜひ、その点を踏まえて、
集客できないWordPressからの脱却の参考にされてみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座