起業するコーチ・カウンセラーが知っておきたいweb集客の法則!

コーチ・カウンセラーがweb集客に大切な「OATHの法則」とは?

OATHの法則とは顧客の問題意識レベルを
これは顧客の問題意識レベルを4つに分割したもので、
それぞれ下のような特徴を持っています。

O(Oblivious)・・・無知
A(Apathetic)・・・無関心
T(Thinking)・・・考えている
H(Hurting)・・・困っている

コーチ・カウンセラー・セラピストの方は
コミュニケーションや集客にに応用することで

それぞれのレベルの顧客へのアプローチ方法が変わってきます。
4層の顧客の特徴を覚えておきましょう。

OATHの問題意識レベル4つのうち、
問題に対して無知であるOが最も売りにくく、
問題に対して困っているHに対して商品が
最も売りやすいということになります。

では、具体例を出して考えてみます。

「集客できない」という問題があるとして、
それぞれの属性の問題意識レベルを見ていくとします。

O:無知

自分のビジネスにおいて集客できていないことに対して気づいていないレベル

このレベルでは問題を問題として認識出来ておらず、
周囲に集客できていないことを指摘されるようなことが無ければ、
それには気づかないのです。

基本的に商品とは問題解決の手段である場合が多いのですが、
問題の認識が出来ていないとなると1から必要性を教える必要があるので、
多大なエネルギーが必要になります

従って、この問題意識レベルの層に商品を売ることは難しくなります。

A:無関心

自分が集客できていないことはわかっているが問題を後回しのレベルです。

例えば、
「お金じゃない」「私は私だから・・・」といったタイプの方が多いです。

それを別に問題だと思っていないし、現状のままで良いと考えているのです。

こちらは問題を解決しようという意識が低いので、
私個人的にはターゲットにしないことをオススメします。

T:認識している

自分が集客できていないことをハッキリと認識しており、
それを解決する意識レベルにあります。

ただ、そのための解決策がわからなかったり、
本当に解決をさがしている状態のレベルにいます。

この問題意識のレベルの層がターゲットとも言えるので、
商品を販売するときはこの層のターゲットへ販売することにしましょう!

H:困っている

自分が集客できていないことを認識しており、
問題を解決する意識も高く明確で、それを今すぐに実行したいと考えているレベルです。

この層は解決策さえ提示してあげれば買ってくれるので、
コーチ・カウンセラー・セラピストの立場からすれば
非常に効率の良いターゲットになります。

このように、問題意識のレベルによって反応に違いがあるので、
アプローチの仕方を変えて行かなければいけません。

Hの問題意識レベルの方に売りたいのであれば、
既に買いたい意識が高いので、
簡単なオファーだけで購入させることができるのです。

つまり、それをweb集客する際には「T」や「H」の問題意識のレベルを
ターゲットに設定することが大切なのです。

コメントは利用できません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座