セラピスト・カウンセラー・コーチの起業で考える3つのステップ!

セラピスト・カウンセラーの「志」だけでは集客できない!

あなたは起業や集客を考える時、まず何から考えますか?

私自身、

・こういう人の役に立てる!
・これは人の夢を応援できる仕事だ!
・これが私のやりたかった仕事だ!

と「志」だけでコーチングで独立・起業しました。

そして、

・このスキルがあるから
・この資格があるから
・この方法を知っているから

と当時は自信に満ち溢れていました。

しかし…

◯いくらアメブロやワードプレスブログを書いても
◯高い綺麗なホームページを作っても
◯Facebook等に連動させても

問い合わせすらない状態でした。

「志」や「やりたい」という気持ちの面はとても大切なのですが
それだけではお客様は集まらないということでした。

その失敗のリスクを少しでも減らしてセラピスト・カウンセラー・コーチで起業・集客を目指す方へ3つステップ!をお伝えします。

【ステップ1】お客様何を求められているのか考える!

あなたはを考える時、まず何から考えますか?

例えば、真夏の公園でモクモクと湯気の出ているお汁粉を売る時と、冷たいキンキンのジュースやかき氷を売る場合ではどちらが売れると思いますか?

まずは「何を求められているのか」を考えることが大切なのです。

 調べる方法としては、

◯naver
◯社会問題になっていること
◯yahoo知恵袋
など・・・

社会や人が何を求めているのか、
そこに「ニーズやウォンツ」があるのかを考え
「調査する」ことが大切です。

あなたがよく知る現代経営学の発明者と言われたピーター・ドラッカー もこのような名言を残しています。

企業、政府機関、非営利組織など、あらゆる組織にとって、本来の機能とは、社会のニーズを事業上の機会に転換することである。つまり、市場と個人のニーズ、消費者と従業員のニーズを予期し、識別し、満足させることである。 【P・F・ドラッカー著 マネジメントより】

【ステップ2】提供できるものは何かを考える!

あなたが提供できるものは何ですか?

例えば私の場合、起業当初は、
「ぼっち」や「コミュ障」と言った現代の若者に対して
コミュニケーションに困っているニーズが多かったので、
コミュニケーションスキルを提供することにしました。

もともと営業マンをやっており、
コミュニケーションスキルでは誰にも負けない自信があったからです。

簡単い言うと私の「強み」ですね。

困っている人がいても、
あなたが提供するものがその人に役に立たなければ意味がありません。

それはスキル面やノウハウであっても、
メンタル面であっても見方を変えると
お役に立てることは数多くあるのかもしれませんね。

【ステップ3】最後は気持ち!

 そして、最後はやはりココです。あなたが「本当にやりたい」のかという気持ちの面で、ここは非常に大切になってきます!

この仕事を通じて「どうなりたいのか?(あり方)」という目的部分が周りに振り回されないために重要なのです。

この部分は時間をかけてでもしっかりと考えてセラピスト・カウンセラー・コーチとしての一歩を踏み出してみてください。

コメントは利用できません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座