女性がコーチングで起業する際に必要な差別化戦略!

コーチングで起業する際の「差別化」

最近ではコーチングを売りにして独立起業する女性の方が増えてきました。

例えば、
・自己実現コーチ
・夢を叶えるコーチ
・目標達成コーチ
など・・・

数多くのコーチングを活かしたコーチが存在します。
しかし、その数多く存在する名前ではあなたがメディアや知名度のある方でない限り、
存在が薄くなってしまいます。
なぜなら数百の同じような名前の中ではやはり有名な方が優先的になってしまうのです。
そこで必要なのが「差別化」なのです。

年齢や職種、性別で差別化するだけでもあなたの市場での専門性は高くなっていくのです。

なぜ同じような名前で起業する女性コーチが多いのか?

その一つの原因に「自分が良かったこと」に焦点が当たってしまいます。
例えば、コーチングをすることで「自分らしくなれた」
「人生が変わった」などの経験をされてきた方が多いのです。

その経験をみんなに知ってほしい、
そして「相手が求めている」と思っているコーチの方が多いのです。

それ自体が悪いことではありません。

しかし、一般の多くの方は
「自分らしくなれる」「あなたらしく」という言葉にピンとこないのです。

そして、そもそものコーチング自体が何をするのか理解できていないのです。

お客様目線を忘れた瞬間に、あっという間にマーケットから置き去りにされてしまう。
【大東建託社長 熊切直美】

あなたの視点ではなく、あくまでもお客様の目線でわかりやすく伝えることが大切なのです。

コーチの「差別化」はどんな効果があるのか?

コーチの差別化での効果は下記のようなことがあります。

・価格を下げる必要がなくなる
・その市場の第一人者になれる
・ライバルが減る

などの効果があります。

例えば、価格競争やライバルに左右れているのが
「自分らしく」感じる方がいれば何も言いません。

しかし、多くの方は多くの方に役に立ちたいと感じているのではないでしょうか?

そのためにもしっかりとした「差別化」で
ライバルと争わずに「自分らしく」コーチングを提供することが大切なのです。

美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。
その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ。
【スティーブ・ジョブス名言 引用】

スティーブ・ジョブスの名言ではありませんが、
ライバルと同じことをやっている時点で負ける可能性は高いのです。

それよりもお客様が何を望んでいるのか考える、
ライバルを減らしていくことが非常に重要になってくるのです。

コメントは利用できません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座