カウンセラー・セラピスト・コーチの問題点は◯◯が原因!?

カウンセラー・セラピスト・コーチ業界の当たり前を疑う!

 

あなたはブログで専門用語を当たり前に使っていませんか??

 

例えばコーチングでいうと
・ラポール
・ビリーフ
・モデリング
など・・

 

今でこそ石を投げればコーチに当たると言われるくらい
コーチングをビジネスにする方は増えてきました。

 

しかし、そもそもの「コーチング」という言葉自体を
「何??」という方が私の周りには圧倒的に多いのです。

 

もちろん、あなたの理想のお客様像がコーチングを
理解している方向けであれば
全然問題はありません。

 

もし違うのであれば、その言葉をわかっている前提で
当たり前に使ってしまうと読者からすれば「??」なのです。

 

どうしても周りにいる「同業者」の影響で、
その言葉自体が「当たり前」の基準になってしまうのです。

 

過去に何も知らなかった自分を想い浮べながら、その「自分」に対して会話するような書くといいのかもしれませんね。

 

あなたはアメブロやワードプレスブログで専門用語を当たり前に使っていませんか??

 

セラピスト・カウンセラーの集客の問題点は「枠」の外!!

先ほどの話の続きではありませんが、同じセラピスト・カウンセラー・コーチング業などの付き合いで、同じような「枠」の中にいるので問題点がわかりにくくなるケースもあります。

 

私のサロン経営のクライアントさんの例ですが、
価格を決められた際に「周りがこれくらいの金額だから」
という理由で価格を決められたそうです。

 

それ自体いい悪いはありませんが、その時点で「周りと同じようなサービス」になってしまうケースがおおくなります。「あのお店とはここが違うから高単価でもやれる!」そう差別化できれば「価格競争」に巻き込まれる可能性がグンっと低くなるのです。

 

そして「その価格で収益計算は大丈夫なの??」という感じです。

 

問題点は枠の外にあることが多いのです!

 

ぜひ、今のあなたのセラピスト・カウンセラー・コーチング業界の「当たり前」を見直してみてくださいね。

 

コメントは利用できません。

やさしいワードプレスブログ集客

無料メール講座